健康の「輪」を広げよう 健康楽々倶楽部

カンジタ膣炎

どんな病気なの?

誰もがモッテイルカンジタ・アルビカンス(真菌・カビ)が膣内に繁殖して起こる病気です。普通は腸内に寄生しているため便に混ざっており、そこから菌が付着することが多いものです。普通でも1割くらいの人は膣内にカンジタ菌がいると言われています。健康な時には菌が付着しても普通は発症はしませんが、疲労や妊娠などで、体の抵抗力が落ちている人、糖尿病や抗生物質を長期間服用した人などがかかりやすくなります。また、季節の変わり目など、体に変調が起きやすい時にも発病しやすい病気です。
trees1

どんな症状があるの?

外陰部に激しいかゆみが生じます。膣内にはカッテージチーズのような、お粥のような白いおりものでいっぱいになり、外陰部にも付着してただれます。きつい匂いなどはありません。慢性化すると、おりものの量は減りますが、外陰部のかゆみや痛みは残ります。

いつ病院に行けばいいの?

病院に行く時期は、この病気は、性交渉のない女性でも感染・発症することがあり、多くの女性に経験があるポピュラーなものです。非常に激しいかゆみを伴う事が多いので、激しいかゆみを感じた時はかきむしらないよう、注意してください。

どんな検査をするの?

検査方法は、綿棒などで膣粘膜を少し取り、カンジタ菌の存在を顕微鏡で確認し、培養検査を行います。初尿で遺伝子検査にて判明します。

どんな治療法・対処法があるの?

治療法は、膣に抗真菌性の座薬を入れ、外陰部に同じく抗真菌性の軟膏を塗ります。症状は3日くらいでおさまりますが、カンイタ菌はまだ膣内に残っており、約2週間は治療を続けなければなりません。

予防はどうすればいいの?

予防は、カビの一種なので、ムレ内容に気をつけてください。不規則な生活を避けることも大事。カンジタになりやすい人は抗生剤、ステロイドホルモン、ピルの使用はなるべく避けた方がよいでしょう。外陰部を清潔にする事も大切ですが、石鹸でごしごし洗うのは禁物です。