健康の「輪」を広げよう 健康楽々倶楽部

淋病

どんな病気なの?

淋菌と言う細菌が、キスやセックスなど粘膜の接触により感染します。オーラルセックスが一般的になった近年では、女性ののどから淋菌が検出されるケースも増えてきているようです(咽頭淋菌)。男性の場合、比較的強い痛みなど症状が出やすく、比較的早期に治療を受けるケースが多くなっています。

どんな症状があるの?

感染して2~7日で症状が出始めます。男性は尿道口がただれウミが出たり、排尿の時に激しい痛みを感じたりします。女性の場合は、膣から黄色いおりものが出るようになり、外陰部が赤く腫れたり、かゆくなったりするケースも有ります。ただ、あまり重度の症状が出ないまま慢性化させてしまうことも少なくありません。初期の感染に気づかずに症状が進んでしまうと、淋病性膣炎、子宮内膜症、卵管炎の発病をまねき、下腹部の激しい痛みを引き起こす事になります。子宮外妊娠や不妊症の原因となることもある。のどに感染した場合は咽頭炎を起こします。
trees1

いつ病院に行けばいいの?

病院へ行く時期は、性器、目、のどに炎症が起きた時。パートナーの男性の健康状態にも十分気を配ってください。

どんな検査をするの?

検査方法は、おりものを検査し、淋菌の有無を確認します。同時に尿道の淋菌の有無も調べます。必ずパートナーと共に検査を受けるようにしましょう。初尿ならびにウガイ液で遺伝子検査にて判明します。

どんな治療法・対処法があるの?

治療法は、抗菌剤、ペニシリンを主体とする抗生物質を注射するか内服するかして投与します。役1~2週間で治りますが、途中で治ったと思って治療を投げ出してしまうと、抵抗力の強い淋菌が出現する場合があるようです。
このため、2ヶ月に3回以上の検査を行い、全て陰性となって初めて完治したと言えます。
完治するまではセックス、飲酒を控えましょう。

予防はどうすればいいの?

予防法は、コンドームの使用が一番確実です。