健康の「輪」を広げよう 健康楽々倶楽部

第34回《健康楽々倶楽部》のご案内
~日本人に増えている直腸がんの見分け方~

飽食の時代といわれている現在、色々な病気が食言病といわれています。

日本の食事も欧米化が進み、胃がんに変わり直腸がんや乳癌が大変な勢いで人の体を蝕んでいます。

もし、その病気の予防が出来るとしたら・・・
少しでも、健康が維持できるとしたら・・・

今回は、早期発見! 直腸がんが手遅れにならないために気をつけなければならないことを学びます。
又、心臓や脳の病気にならないようにアスピリンを良く使うのはなぜ・・・?
など、皆様の体験をお聞きしながら予防のできることを学びます。
◆病気になる前に予防の大切さを学びましょう!!!

【テーマ】 1、直腸がんの見分け方(便に血が付いていたら・・・)
2、心筋梗塞・脳梗塞の予防(メタボリック・シンドロームの大切さ)

【日時】 2006年9月14日(木)  午後2時~4時

【会場】  文京シビックセンターhttp://www.b-civichall.com/ 地下1階・学習室

【講師】 宮川医院   院長・宮川昭平

【主催】 すこやかクラブ(日本医学協会)

【協賛】 健康楽々倶楽部

【参加費】 500円

◆講師の先生方は、後のアドバイスを頂ける主治医になって頂けます。

どうぞご活用ください。


コメント

コメントを受け付けておりません。