健康の「輪」を広げよう 健康楽々倶楽部

img.php十二月十九日午後二時から
青森県の藤崎町文化センター大ホールで
朗読と演奏で描く「津軽の四季コンサート」と
「津軽は素敵!東京と青森をつなぐトークショー」が開催されます。
・青森出身の作曲家小山内たけともさんがピアノを演奏
・青森出身のアナウンサー若山多香子さんが、
清水典子さんのエッセイ「和菓子で描く弘前」を朗読。

明かりの消えた真っ暗な会場に
激しい雪まじりの風が吹き荒れ
やがてしらじらと明るくなったステージには
グランドピアノに向かう小山内たけともさんの姿が。
「睦月、一月。津軽の大地は深い雪に包まれます。」
で始まるエッセイ「雪の華」が静かに朗読されます。
「春待ち月」「観桜会」「まるめろ」。
十一編のエッセイにはそれぞれ
小山内さんが作曲したわらべ唄風の曲、
お囃子調のものなど多彩な曲が添えられ
朗読と演奏が絡み合い、手を携えて、
「津軽の四季」を構築していきます。

二部では「津軽の素敵」について

※ 朗読と演奏で描く「津軽の四季」は12月19日午後2時開演
藤崎町文化センター大ホールにて。
第一部 朗読と演奏で描く「津軽の四季」コンサート

コメント

コメントを受け付けておりません。